本文へスキップ

建築CAD合格講座、建築CADを自宅で学びませんか?

建築CAD検定試験

建築CAD

建築CAD合格講座HEADLINE

建築CAD検定試験


実践型のCAD技術認定

■資格内容

設計現場のCAD普及に対応 
1993年に日本で初めて実施された、実践型の建築CAD資格試験。目的は、全国の受験者の技術力の向上と、CADユーザーの社会的な地位確立を図ること。現在、CADユーザーの技術能力レベルの全国一定基準化を図る手段として、CAD教育現場から高い評価を得ている。


■試験内容

パソコンを用いた実技試験
建築知識とCADを駆使してトレースし、建築図面を完成させる。


■試験情報
受験資格: 特に制限なし(4級は高校の団体受験のみ)
試験内容: 准1級=課題の建築図面(RC造等・一部寸法指定)をもとに正しくトレースする/4時間10分 2級=課題図面を理解して平面詳細図・立面図などの建築一般図を完成させる/5時間 3級=部位別の建築図面(参考図)をもとに各々の完成図を正しくトレースする/2時間
試験日: 一般受験=4月、10月 団体受験=4月、7月、10月、1月 ※准1級は10月のみ。
試験地: 連盟が認定する全国各地の教育機関
受験料: 准1級=14,000円、2級・3級=10,000円
合格率: 准1級=18.2%、2級=56.0%、3級=77.6%(平成22年度)


■問い合わせ先
一般社団法人全国建築CAD連盟
住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-23-31 栄町ビル4階
TEL:052-962-5544




建築パース